Tweet このエントリーをはてなブックマークに追加

ダイエット

当院では、生活習慣病の予防と治療の一貫として積極的に抗肥満を指導しております。
体重の減少に伴い、血圧や血液データの改善が見られます。しかしながら、日本人に多く見られる「土偶体型」肥満は、ダイエットや運動療法のみでは改善するのは困難です。そればかりか、体型を改善しようと誤ったダイエットを行う事により結局は体調不良となってしまいます。 抗肥満プログラムの中に、副作用が殆ど無く体型改善できうる手段として、脂肪分解(融解)注射を実施することにしました。

「土偶体型」や上腕の「ふり袖」、腰背部の「悪魔の翼」は、元来存在している脂肪細胞が容積を増した結果です。部位によっては、繊維と絡み合ってセルライトを形成しています。脂肪組織の血流やリンパ流の改善により、脂肪の塊は縮小してきます。また、脂肪融解酵素を補助することにより脂肪細胞の数を減少させることができます。結果的には脂肪組織の容積が減り、醜い体型から美しい体型へと変化して行きます。

セルライトは、思春期以降の女性の95%に見られる症状です。皮下組織中の血行不良が原因です。主に下腹部、お尻、太ももにできやすく、皮膚の表面がオレンジ(果物)の皮のようにデコボコになるため、見た目にも悪いばかりか、肌もかさつく原因にもなります。セルライトができると、血流の低下をまねき、脂肪細胞同士がくっついてさらに大きなかたまりとして成長し、ますます厚みを増します。このセルライトという脂肪はとてもやっかいで、運動しても、食事法によるダイエットをしても落とすことはできません。ダイエットをしても下半身が痩せにくいのは、セルライトが原因なのです。 脂肪容積の減少に伴い、皮膚のタルミが目立つ場合には メソセラピーの併用治療を行うことがあります。
過剰な脂肪の付着部位や量によって、注射の内容や量、そして治療間隔や期間が変わってきます。また、同日に治療できる部位にも制限があります。従いまして、治療内容はその都度の診察時にご相談の上で決定します。

脂肪融解注射Q&A

(診察時あるいは電話やメールでの質問も含め、おもな質問と答えをまとめました。重複する内容があるかも知れませんが、ご了承下さい。)

脂肪融解注射とはどのような治療ですか?
皮下脂肪に薬液を注入して、皮下脂肪の容積を減らす方法です。局所的に皮下脂肪の厚さを減らすことができます。決して、内臓脂肪を減量するための方法ではありません。
脂肪「分解注射」と「融解注射」は、どう違うのですか
厳密な定義は無いようです。「分解注射」は、血行を良くする薬を皮下脂肪層の深い部分に注射し、「融解注射」は、皮膚の浅いレベルに脂肪の代謝を亢進させる薬物を入れる、といってよいと思います。脂肪融解注射は、メソセラピー(皮膚の浅い部位に注射して、治療する方法)の一方法と考えて良いと思います。
臨床的には、差を考えなくて良いと思います。大きな違いは、使用薬剤が異なることにより、治療期間や治療代金に差がでる事ぐらいでしょう。あまり厳密に考えずに、私はまとめて「antiデブ注射」とよんでいます。
どういった内容の薬なのですか?
用いる薬は、血流を改善させるもの、細胞の代謝を亢進させるもの、脂肪の代謝を亢進させるもの。時に応じて、局所麻酔薬を混ぜます。
薬は安全なのですか?薬の効果と副作用を教えて下さい。
100% 安全な物質は一般的な薬や食べ物を含めても存在しないでしょう。正しく言うには安全範囲内の使用量で効果が出るのかということですね。過量に投与すれば、脈拍数が上がったり・血圧が低下したりということが考えられますが、施術で用いる量では問題になりません。
脂肪がなくなって、たるんだりしませんか?
脂肪の容積が減った分、皮膚が縮んできます。殆どの方の場合、皮膚がたるむことはないようです。
リバウンドはありますか?
この、注射による部分痩身術は開発されてから5年ほどしか経っておりません。したがって、永久的にリバウンドが起きないという保障は今の処ありませんが、食事や運動といったダイエット療法を組み合わせれば、まずリバウンド無いと思います。
施術後に腫れたり、膨らんだり、痛くなったりすることはありませんか?
翌日あたりから注射した部位に、しこりが出来ます。ここに触れると、筋肉痛のような痛みを感じますが、触らなければ痛みは極軽度です。痛みの期間は部位や注射液の量によって変わりますが、多くの場合は1週間以内に凝りも痛みも消失します。
アレルギー体質なのですが、受けられますか?
主な薬物であるリポスタビルは大豆のタンパク質から作られておりますので、大豆アレルギーのある方には使用しません。また、脈拍数が増加する作用を持った薬物も用いますので、コントロールされていない高血圧症や甲状腺機能亢進症のある方は注意が必要です。しかし、問診の時点で確認をし、使用できる薬物を選びますので御心配はいらないと思います。
効果は何回目ぐらいででますか?また1回に注射する量はどれくらいですか?
これも、部位によって違います。効果があるのかではなくて御本人が気付きやすいかどうかを考えると、上腕や背部あるいは下腿のように皮下脂肪の下が筋肉や骨であるところは変化がわかりやすいのです。しかし腹部は、腹腔内の容積が変化しやすいので気付かれるのに時間が掛かります。ただし、腹部でも硬めの脂肪が柔らかくなるという変化は早い時期から気付いてもらえます。効果がありそうだと気付かれるのは、2回から3回の注射後ですね。
注射薬の量は、皮下脂肪の厚さによっても変わります。一カ所の注入量はだいたい 2 ~ 5 ml 位です。
効果が出やすい人と出にくい人がありますか
経験的にいって、引き締まったお肌をお持ちの方は効果が早く出るようです。
張りがなく、たるんだ皮膚の下の脂肪は、効果が出ていてもなかなか気付いて貰えないようです。
このようなことから、60歳を超えられている方よりも、30歳代の方が良い成績を出しています。
治療の間隔はどれくらいあければいいですか?
一つの目安は、注射後の凝りが消えれば、いつでも追加投与可能と考えています。また、期間が開きすぎたからと言って効果がなくなってしまうわけでもありません。ただ、治療回数から考えるとやはり2週間に1度が妥当ではないでしょうか。
1回の治療にはどれくらいの時間がかかりますか?
計測や診察の時間を除いた場合、大ざっぱな目安ですが、腹部全体にわたって注射しても、15分以内には終わります。
どのぐらい費用がかかるの ですか?
施術する面積、部位、使用薬剤の内容や量によって異なります。
だいたいの目安としては、上・下腹部で1回5万円前後の施設が多いようです。
治療回数は、ご本人の満足度によって増減しますが6回ぐらいが一つの目安だと思います。
従って、お腹で30万円位ということになります。
注射後、入浴やシャワー等、してはいけない事はありますか?
特に禁止事項はありませんが、注射当日は吸引式の痩身術は避けた方がいいと考えています。
全身どこでも打てますか?
皮下脂肪があるところなら、何処でも可能ですが、皮下脂肪と筋肉を間違われている方もいらっしゃいますので注意してください。
痛みはありますか?
注射の針は、極力細いものを用いますので、皆様想像していたよりは痛みが少ないとおっしゃっています。一番痛みが少ないのは、腹部それも正中に近い方が痛くないようです。ここなら、注射嫌いな私でも自分で注射できます。ただ、身体の外側の線上は少し痛みがあるようです。その場合には痛みの少ない部位から刺入して、目的とするところに薬液を注入します。
脂肪吸引との違いは?
当院では、脂肪吸引を行っていませんので詳しくは申し上げられませんが、①処置が容易である ②麻酔は不要である ③脂肪塞栓などの致死的合併症は起きない ③脂肪組織の減少は緩徐である ④皮膚がたるむことがほぼ無い ということだと思います。

新たな、質問が来たら随時追加します。

copyright (c) 2006. Shinsyukai Clinic. All Rights Reserved.