遠絡療法 Q&A

遠絡療法についての、ご質問と私の答えを記しておきます。

どのような症状に最も効果的なのでしょうか?
痛みの名のつくものなら、治療対象として試みるべきです。(ただし、心とお財布の痛みは私のレベルでは治療しかねます。)また、通常のペインクリニックでは「しびれ」が不得意のようですが、遠絡療法では著効することが多いようです。
服を着たまま受けられますか?
全く問題ありません。ただし、上腕(俗に云う二の腕)や太ももの部分まで治療点がありますので、そこを触れるようにしてあると治療しやすいです。女性のストッキングを脱いでもらうような必要はありません。
施術時間はどの位ですか?
初診には約1時間ぐらいかかると思ってください。問診と治療計画立案と実施をするとそれぐらいの時間は経ってしまいます。再診からは20-30分程度です。
どのくらいで効果を実感できますか?
もとの状況(症状の強さではなく原因の深さ)によって、効果発言と持続時間はちがってくると考えますが、殆どの症例では治療直後からその後の治療に期待が持てるような実感があるそうです。痛みやシビレがほんの一瞬の後に激減するのはしばしばです。
遠方でなかなか通えないのですが、1回で改善しますか?
これも、元の状態によって異なりますが。当方もなるべく短期間での治療で終わるようにと努力しています。私のレベルではまだまだ、一回の治療でほぼ完治というのは数例でした。
因みに一番多く治療したのは肩関節痛に対し3週間に9回の治療でほぼ完治でした。
施術後にやってはならない事はありますか?
特にありませんが、マッサージ等は返って悪化させる可能性があるそうです。
10年以上前からの痛みですが、治療は有効ですか?(急性と慢性どちらに効果的なのですか?
いわゆる慢性痛は局所の痛みと異なって中枢性の神経障害も起きていると考えます。この様な場合には、遠絡治療は 大変有効と考えています。私の治療方針としては、急性の痛みに関しては、遠絡療法を行わなくとも通常の神経ブロック等で十分であり、慢性期に入ってシビレ や重だるさ、さらに筋力低下を伴っている場合には、遠絡療法を勧めています。
効果が出にくい人はいますか?
どんな治療法にしても共通して言えることですが、正直に症状をお話いただけない場合には診断を誤り治療効果が出 ないことがあると思います。また、当方の経験不足から治療効果が十分出せないということもあるでしょう。これに関しては、遠絡療法の研鑽を怠らないことと 考えております。
何か薬を使いますか?
特に、必要ないと思います。
薬を用いる必要がないということも、遠絡治療の特徴の一つかもしれません。
患部を押すツボ押しとは違うのですか?
患っている部位をイジメる治療ではありません。確かに肩こり等痛むところを押すと痛気持ちいいかもしれません が、適切な治療ではありません。エネルギーの流れをコントロールすることによって痛みや重みやシビレを治す療法ですから、患部をいじる必要なないのです。 ハリの遠隔治療に似ていますね。
押した部分が痕になったりしますか?
下手にこすったりすると、皮下出血を起こすことがあるかもしれませんが、未だ経験していません。また、押し棒による圧迫痕はしばらく残存していることがありますが、翌日まで残って困ったと言われたことはありません。

新たな、質問が来たら随時追加します。